イベント・アート

国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展

開催期間

2017年06月14日(水)~
2017年09月04日(月)

開催場所

国立新美術館 企画展示室1E

東京都港区六本木7-22-2
・東京メトロ千代田線「乃木坂」駅青山霊園方面改札6出口(美術館直結)

国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展

《歩く男Ⅰ》 1960年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)

  • このサイトで購入する

前売券 券種・価格

  • 【前売】 一般
  • ¥1,400
  • 在庫 ○
  • 数量:
  • 【当日価格】一般1,600円/大学生1,200円/高校生800円
    【休館日】毎週火曜日
    【開館時間】10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
    ※入場は閉館の30分前まで
    【主催】国立新美術館、マーグ財団美術館、TBS、朝日新聞社

    ※中学生以下無料。
    ※障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料。
    ※高校生無料観覧日については追って展覧会ホームページ等で発表いたします。

【販売期間:6月13日まで】

イベント情報

スイスに生まれ、フランスで活躍したアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)は、20世紀のヨーロッパにおける最も重要な彫刻家のひとりです。アフリカやオセアニアの彫刻やキュビスムへの傾倒、そして、1920年代の終わりから参加したシュルレアリスム運動など、同時代の先鋭的な動きを存分に吸収したジャコメッティは、1935年から、モデルに向き合いつつ独自のスタイルの創出へと歩み出しました。それは、身体を線のように長く引き伸ばした、まったく新たな彫刻でした。ジャコメッティは、見ることと造ることのあいだの葛藤の先に、虚飾を取り去った人間の本質に迫ろうとしたのです。その特異な造形が実存主義や現象学の文脈でも評価されたことは、彼の彫刻が同時代の精神に呼応した証だといえましょう。またジャコメッティは、日本人哲学者である矢内原伊作(1918?1989年)と交流したことでも知られ、矢内原をモデルとした制作は、ジャコメッティに多大な刺激を与えました。
本展覧会は、南フランスにあるマーグ財団美術館のコレクションを中心としたジャコメッティの大回顧展です。この稀代の彫刻家の作品を数多く所蔵するマーグ財団美術館は、パリとチューリヒのジャコメッティ財団と並んで、世界3大ジャコメッティ・コレクションの一角を占めています。本展覧会には、ジャコメッティの貴重な作品を所蔵する国内コレクションのご協力も仰ぎつつ、初期から晩年まで、彫刻、油彩、素描、版画など、選りすぐりの作品、約135点が出品される予定です。

  • ■当サイトでの販売在庫表示について
      ○ ・・・ 在庫あり △ ・・・ 残りわずか × ・・・ 在庫なし
  • ■当サイトでの販売にあたり、在庫状況は随時更新されますが、
      購入手続中に完売となることもございますのでご了承ください。
  • ■当サイトでの販売にあたり、在庫切れによる販売停止後、
      再販売をする場合がございます。
  • ■各商品の発送・送料に関しましてはこちら

サイト内検索

公開間近の映画

2017年05月03日(水)

2017年05月05日(金)

2017年05月06日(土)

2017年05月12日(金)

2017年05月13日(土)

>>続きを見る

開催間近のイベントアート

2017年05月12日(金)

2017年05月31日(水)

2017年06月14日(水)

2017年07月04日(火)

2017年07月20日(木)

>>続きを見る

広告

>>【オリジナルクリアファイル】付前売券は4月22日から!!

広告

>>【オリジナル《ブレットクロス》】付ムビチケカード販売中!!

広告

>>【写真型メモ帳】付ムビチケカード販売中!!

広告

>>6月9日全国ロードショー!!

広告

株式会社メイジャー
© 2013 Major Co., Ltd All Rights Reserved.