イベント・アート

ミケランジェロと理想の身体

開催期間

2018年06月19日(火)~
2018年09月24日(月)

開催場所

国立西洋美術館

東京都台東区上野公園7-7
・JR「上野」駅下車(公園口)徒歩1分
・京成電鉄「京成上野」駅下車 徒歩7分
・東京メトロ銀座線、日比谷線「上野」駅下車 徒歩8分

ミケランジェロと理想の身体

ミケランジェロ・ブオナローティ 《ダヴィデ=アポロ》
1530年頃 バルジェッロ国立美術館蔵
Florence, Museo Nazionale del Bargello
On concession of the Ministry of cultural heritage and tourism activities.

  • このサイトで購入する

前売券 券種・価格

  • 【前売】 一般
  • ¥1,400
  • 在庫 ○
  • 数量:
  • 【当日価格】一般1,600円/大学生1,200円/高校生800円
    【休館日】月曜日、7月17日(火)
    ただし、7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)は開館
    【開館時間】9:30~17:30(金、土曜日は21:00まで)
    ※入館は閉館の30分前まで
    【主催】国立西洋美術館、NHK、NHKプロモーション、読売新聞社

    ※中学生以下は無料。
    ※心身に障害のある方とその付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)。

【販売期間:6月18日まで】

イベント情報

彫刻、絵画、建築の各分野で名をなし「神のごとき」と称された男、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475~1564)。本展では、世界に全部で約40点しか現存しないミケランジェロの大理石彫刻のうち、傑作《ダヴィデ=アポロ》を日本初公開すると共に、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの作品約50点により、ミケランジェロや当時の芸術家たちが創りあげた、理想の身体美の表現に迫ります。 ミケランジェロをはじめルネサンスの芸術は、彫刻を中心とする古代ギリシャ・ローマ美術を源に発展しましたが、中でも、男性の裸体表現は人体の理想像として、大きな影響を与えました。本展では、大理石およびブロンズ彫刻、壁画、油彩、素描、陶器など、日本初公開を含むさまざまな作品を展示。「幼少期から青年期の男性表現」「アスリートと戦士」「神々と英雄」などの切り口で男性美の表現を捉えるとともに、ミケランジェロに影響を与えた古代作品、そしてミケランジェロから影響を受けたルネサンス作品を紹介します。

  • ■当サイトでの販売在庫表示について
      ○ ・・・ 在庫あり △ ・・・ 残りわずか × ・・・ 在庫なし
  • ■当サイトでの販売にあたり、在庫状況は随時更新されますが、
      購入手続中に完売となることもございますのでご了承ください。
  • ■当サイトでの販売にあたり、在庫切れによる販売停止後、
      再販売をする場合がございます。
  • ■各商品の発送・送料に関しましてはこちら

サイト内検索

公開間近の映画

2018年05月25日(金)

2018年05月26日(土)

>>続きを見る

開催間近のイベントアート

2018年05月30日(水)

2018年06月19日(火)

2018年07月03日(火)

2018年07月18日(水)

>>続きを見る

広告

広告

広告

広告

広告

株式会社メイジャー
© 2013 Major Co., Ltd All Rights Reserved.