イベント・アート

オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展

開催期間

2018年09月26日(水)~
2018年12月17日(月)

開催場所

国立新美術館 企画展示室1E

東京都港区六本木7-22-2
・東京メトロ千代田線「乃木坂」駅青山霊園方面改札6出口(美術館直結)

オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展

ピエール・ボナール 《猫と女性 あるいは 餌をねだる猫》 1912年頃 油彩、カンヴァス 78x77.5cm
オルセー美術館 © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

  • このサイトで購入する

前売券 券種・価格

  • 【前売】 一般
  • ¥1,400
  • 在庫 △
  • 数量:
  • 【当日価格】一般1,600円/大学生1,200円/高校生800円
    【休館日】毎週火曜日
    【開館時間】10:00~18:00
    ※毎週金・土曜日は20:00まで。ただし9月28日(金)・29日(土)は21:00まで
    ※入場は閉館の30分前まで
    【主催】国立新美術館、オルセー美術館、日本経済新聞社

    ※中学生以下は無料。
    ※障害者手帳をご持参の方(付添の方1名を含む)は無料。
    ※高校生無料観覧日については公式サイトをご確認下さい。

【販売期間:9月25日まで】

イベント情報

19世紀末のフランスでナビ派の一員として出発した画家ピエール・ボナール(1867‐1947年)は、浮世絵の影響が顕著な装飾的画面により、「日本かぶれのナビ」の異名を取りました。20世紀に入ると、目にした光景の印象をいかに絵画化するかという「視神経の冒険」に身を投じ、鮮烈な色彩の絵画を多数生み出します。本国フランスでは近年ナビ派の画家たちへの評価が高まり、2015年にオルセー美術館で開催されたピエール・ボナール展では51万人が魅了され、2014年のゴッホ展に次ぐ、歴代企画展入場者数の第2位を記録しました。
本展覧会は、オルセー美術館の豊富なコレクションを中心に、国内外のコレクションのご協力を仰ぎ、130点超の作品で構成されるボナールの大規模な回顧展です。油彩72点、素描17点、版画・挿絵本17点、写真30点といったさまざまなジャンルを通じて、謎多き画家ボナールの魅力に迫ります。

  • ■当サイトでの販売在庫表示について
      ○ ・・・ 在庫あり △ ・・・ 残りわずか × ・・・ 在庫なし
  • ■当サイトでの販売にあたり、在庫状況は随時更新されますが、
      購入手続中に完売となることもございますのでご了承ください。
  • ■当サイトでの販売にあたり、在庫切れによる販売停止後、
      再販売をする場合がございます。
  • ■各商品の発送・送料に関しましてはこちら

サイト内検索

公開間近の映画

2018年09月28日(金)

2018年09月29日(土)

2018年10月05日(金)

>>続きを見る

開催間近のイベントアート

2018年09月26日(水)

2018年10月02日(火)

2018年10月27日(土)

2018年10月30日(火)

>>続きを見る

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

株式会社メイジャー
© 2013 Major Co., Ltd All Rights Reserved.