イベント・アート

みんなのミュシャ
ミュシャからマンガへ―線の魔術

開催期間

2019年07月13日(土)~
2019年09月29日(日)

開催場所

Bunkamura ザ・ミュージアム

東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F
・JR線「渋谷駅」ハチ公口より徒歩7分
・東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」より徒歩7分
・東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」3a出口より徒歩5分

みんなのミュシャ<br>ミュシャからマンガへ―線の魔術

アルフォンス・ミュシャ 《舞踏―連作〈四芸術〉より》 1898年 カラーリトグラフ
ミュシャ財団蔵 ©Mucha Trust 2019

  • このサイトで購入する

前売券 券種・価格

  • 【前売】 一般
  • ¥1,400
  • 在庫 ○
  • 数量:
  • 【当日価格】一般1,600円/大学・高校生1,000円/中学・小学生700円
    【休館日】7月16日(火)、7月30日(火)、9月10日(火)
    【開館時間】10:00~18:00(入館は17:30まで)
    毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
    【主催】Bunkamura、ミュシャ財団、日本テレビ放送網、BS日テレ、読売新聞社

    ※学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします(小学生は除く)。
    ※障害者手帳のご提示で割引料金があります(詳細は窓口でお尋ねください)。
    ※未就学児は入館無料。

【販売期間:7月12日まで】

イベント情報

没後80年。時代を超えて、今もミュシャは生きている

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。「線の魔術」ともいえる繊細で華やかな作品は人々を魅了し、ミュシャ様式と呼ばれるそのスタイルは、後世のアーティストに影響を与えてきました。ミュシャ財団監修による本展は、ミュシャ幼少期の貴重な作品、自身の蔵書や工芸品、20代に手掛けたデザインやイラスト、そしてミュシャの名前を一躍有名にしたポスターなどを通じて、ミュシャの原点と作品の魅力に迫ります。さらに、ミュシャ作品から影響を受けた明治期の文芸誌の挿絵から、1960-70年代のイギリス・アメリカを席巻したグラフィック・アート作品、現代の日本のマンガ家やアーティストの作品まで、およそ250点でミュシャ様式の流れをたどります。時代を超えて愛される画家の秘密をひも解く、これまでにないミュシャ展に、どうぞご期待ください。

  • ■当サイトでの販売在庫表示について
      ○ ・・・ 在庫あり △ ・・・ 残りわずか × ・・・ 在庫なし
  • ■当サイトでの販売にあたり、在庫状況は随時更新されますが、
      購入手続中に完売となることもございますのでご了承ください。
  • ■当サイトでの販売にあたり、在庫切れによる販売停止後、
      再販売をする場合がございます。
  • ■各商品の発送・送料に関しましてはこちら
株式会社メイジャー
© 2013 Major Co., Ltd All Rights Reserved.