イベント・アート

サントリー芸術財団50周年
黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 ―美濃の茶陶

開催期間

2019年09月04日(水)~
2019年11月10日(日)

開催場所

サントリー美術館

東京都港区赤坂9-7-4
東京ミッドタウン ガレリア3F
・都営地下鉄大江戸線「六本木」駅出口8より直結。
・東京メトロ日比谷線「六本木」駅より地下通路にて直結。
・東京メトロ千代田線「乃木坂」駅出口3より徒歩約3分

サントリー芸術財団50周年<br>黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 ―美濃の茶陶

織部洲浜形手鉢 桃山時代 17世紀 サントリー美術館

  • このサイトで購入する

前売券 券種・価格

  • 【前売】 一般
  • ¥1,100
  • 在庫 ○
  • 数量:
  • 【当日価格】一般1,300円/大学・高校生1,000円
    【休館日】火曜日(ただし11月5日は18:00まで開館)
    【開館時間】10:00~18:00
    ※金・土、および9月15日(日)、22日(日)、10月13日(日)、11月3日(日・祝)は20:00まで開館
    ※いずれも入館は閉館の30分前まで
    【主催】サントリー美術館、読売新聞社

    ※作品保護のため、会期中展示替を行います。
    ※中学生以下無料。
    ※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料。

【販売期間:9月3日まで】

イベント情報

桃山時代には、茶の湯のためのやきもの「茶陶」が日本各地の窯で創造されました。岐阜県の美濃(東濃地域)では、力強い姿、鮮やかな色、斬新な意匠をもつ茶陶「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部」が大量に焼かれ、おおいに流行しました。しかし実は、「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部」が美濃で焼かれたと分かるのは昭和のことで、それ以前は瀬戸(愛知県)で焼かれたと考えられていました。昭和5年(1930)、荒川豊蔵(1894-1985)が岐阜県可児市久々利大萱(くくりおおがや)の古窯跡から志野筍絵筒茶碗の陶片を発掘したことにより、志野が瀬戸ではなく美濃で焼かれたことが明らかになります。この大発見は、美濃焼に人々の関心が集まる契機になりました。また、この頃から近代数寄者、目利き、陶芸家、古陶磁研究家などがそれぞれの立場から活発に古陶磁を蒐集し、研究し、意見を交わし、審美眼を鍛えました。やきものを愛する彼らにとって、美濃焼は憧れの存在になっていきました。
本展覧会では、個性的で生き生きとした美濃焼の造形の魅力をお楽しみいただければと思います。同時に、近代数寄者旧蔵の名品や、近代陶芸家の荒川豊蔵と加藤唐九郎(1897-1985)の代表作を通じて、近代以降の美濃焼の人気や評価の高まりを感じていただけましたら幸いです。

  • ■当サイトでの販売在庫表示について
      ○ ・・・ 在庫あり △ ・・・ 残りわずか × ・・・ 在庫なし
  • ■当サイトでの販売にあたり、在庫状況は随時更新されますが、
      購入手続中に完売となることもございますのでご了承ください。
  • ■当サイトでの販売にあたり、在庫切れによる販売停止後、
      再販売をする場合がございます。
  • ■各商品の発送・送料に関しましてはこちら

サイト内検索

公開間近の映画

2019年08月23日(金)

2019年08月24日(土)

>>続きを見る

開催間近のイベントアート

2019年09月04日(水)

2019年09月10日(火)

2019年09月14日(土)

2019年09月21日(土)

2019年10月02日(水)

>>続きを見る

広告

広告

広告

広告

株式会社メイジャー
© 2013 Major Co., Ltd All Rights Reserved.