イベント・アート

ガレも愛した―清朝皇帝のガラス

開催期間

2018年04月25日(水)~
2018年07月01日(日)

開催場所

サントリー美術館

東京都港区赤坂9-7-4
東京ミッドタウン ガレリア3F
・都営地下鉄大江戸線「六本木」駅出口8より直結。
・東京メトロ日比谷線「六本木」駅より地下通路にて直結。
・東京メトロ千代田線「乃木坂」駅出口3より徒歩約3分

ガレも愛した―清朝皇帝のガラス

藍色鉢 清時代・おそらく雍正年間(1722-35) 中国
サントリー美術館

  • このサイトで購入する

前売券 券種・価格

  • 【前売】 一般
  • ¥1,100
  • 在庫 ○
  • 数量:
  • 【当日価格】一般1,300円/大学・高校生1,000円
    【休館日】火曜日(ただし5月1日、6月26日は18:00まで開館)
    【開館時間】10:00~18:00
    ※金・土および4月29日(日・祝)、5月2日(水)、3日(木・祝)は20:00まで開館
     5月26日(土)は六本木アートナイトのため24:00まで開館
    ※いずれも入館は閉館の30分前まで
    【主催】サントリー美術館、朝日新聞社

    ※中学生以下無料。
    ※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料。
    ※5月26日(土)は六本木アートナイト割引で入館料一律500円(一般、大学・高校生共通)。

【販売期間:4月24日まで】

イベント情報

中国ガラス工芸の長い歴史の中で、飛躍的な発展を遂げたのは、清王朝の時代です。康熙35年(1696)、第4代康熙帝が紫禁城内に皇帝のためのガラス工房を設置したのが契機となりました。第5代雍正帝もこれを引き継ぎ、続く第6代乾隆帝の治世には、ヴァリエーションも豊かに栄華を極めます。「透明」と「不透明」の狭間で、重厚で卓越した彫琢が際立つ清朝のガラスたち。本展は、エミール・ガレにも影響を与えたその類まれなる造形美を、ガレの作品とも比較しながら紹介する試みです。英国ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館から来日する作品群もまた、必見です。

  • ■当サイトでの販売在庫表示について
      ○ ・・・ 在庫あり △ ・・・ 残りわずか × ・・・ 在庫なし
  • ■当サイトでの販売にあたり、在庫状況は随時更新されますが、
      購入手続中に完売となることもございますのでご了承ください。
  • ■当サイトでの販売にあたり、在庫切れによる販売停止後、
      再販売をする場合がございます。
  • ■各商品の発送・送料に関しましてはこちら

サイト内検索

公開間近の映画

2018年04月21日(土)

2018年04月27日(金)

2018年04月28日(土)

>>続きを見る

開催間近のイベントアート

2018年04月25日(水)

2018年04月28日(土)

2018年05月30日(水)

>>続きを見る

広告

広告

広告

広告

株式会社メイジャー
© 2013 Major Co., Ltd All Rights Reserved.