イベント・アート

円山応挙から近代京都画壇へ

開催期間

2019年08月03日(土)~
2019年09月29日(日)

開催場所

東京藝術大学大学美術館

東京都台東区上野公園12-8
JR上野駅(公園口)、東京メトロ千代田線根津駅(1番出口)より徒歩10分
京成上野駅(正面口)、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅(7番出口)より徒歩15分

円山応挙から近代京都画壇へ

  • このサイトで購入する

前売券 券種・価格

  • 【前売】 一般
  • ¥1,300
  • 在庫 ○
  • 数量:
  • ※当サイトでの前売券取り扱いは一般券のみとなります。
    【観覧料(当日)】一般1,500円/高校・大学生1,000円
    【休館日】月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は開館し、翌日休館)
    ※8月12日、9月16日、23日は開館、各翌日休館
    【開館時間】10:00~17:00(入館は16:30まで)
    【主催】東京藝術大学、朝日新聞社
    【公式サイト】https://okyokindai2019.exhibit.jp/

    前期後期で大展示替え!
    前期:9月1日(日)まで 後期:9月3日(火)から
    ※ただし大乗寺襖絵は通期展示

    ※中学生以下は無料。
    ※障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。

【販売期間:2019年8月2日まで】

イベント情報

18世紀、様々な流派が百花繚乱のごとく咲き乱れる京都で、円山応挙は写生画で一世を風靡し円山派を確立しました。また、与謝蕪村に学び応挙にも師事した呉春によって四条派が興り、写生画に瀟洒な情趣を加味して新たな一派が誕生します。
この二派は円山・四条派としてその後の京都の主流となり、近代にいたるまで京都画壇に大きな影響を及ぼしました。

本展は、応挙、呉春を起点として、長沢芦雪、渡辺南岳、岸駒、岸竹堂、幸野楳嶺、塩川文麟、森徹山、菊池芳文、竹内栖鳳、山元春挙、上村松園ら近世から近代へと引き継がれた画家たちの系譜を、一挙にたどります。

また、自然、人物、動物といったテーマを設定することによって、その表現の特徴を丁寧に追います。日本美術史のなかで重要な位置を占める円山・四条派の系譜が、いかに近代日本画へと継承されたのか。これまでにない最大規模でその全貌に迫る、圧巻の展覧会です。

  • ■当サイトでの販売在庫表示について
      ○ ・・・ 在庫あり △ ・・・ 残りわずか × ・・・ 在庫なし
  • ■当サイトでの販売にあたり、在庫状況は随時更新されますが、
      購入手続中に完売となることもございますのでご了承ください。
  • ■当サイトでの販売にあたり、在庫切れによる販売停止後、
      再販売をする場合がございます。
  • ■各商品の発送・送料に関しましてはこちら

サイト内検索

公開間近の映画

2019年07月26日(金)

2019年07月27日(土)

>>続きを見る

開催間近のイベントアート

2019年08月03日(土)

2019年08月10日(土)

2019年09月10日(火)

2019年09月14日(土)

2019年09月21日(土)

>>続きを見る

広告

広告

広告

広告

株式会社メイジャー
© 2013 Major Co., Ltd All Rights Reserved.